小型船舶免許があればバス釣りがもっと楽しくなる

by:

小型船舶免許費用資格/習い事

ブラックバス釣りは数十年前から人気で、多くの人が楽しんでいます、川や湖、ダムなどに生息していて人気スポットになると、大会まで開かれることもあるくらいです。その人気は未だに衰えず、老若男女が楽しめるスポーツフィッシングと言っても過言ではありません。ルアーを使うので生きた餌が苦手の若い女性にも抵抗なく楽しむこたができます。それにボートがあれば、岸から釣りより自分が釣りたいスポットに行けるので、さらに醍醐味を味わえます。

ボートに乗って釣りをしている人を見かけることをありますが、あれはレンタルしたり自分で買ったりして誰もが乗ることはできません。小型船舶免許が必要とされるもので、小型船舶免許取得しないと乗ることはできないのです。小型船舶免許には、一級・二級・特殊などがあります。ブラックバス釣りで利用したい場合は、2級の湖川小出力限定という免許があります。

これは一部の海域でも可能ですが湖や川に限定されたものです。小型船舶免許を取得するには、直接国家試験を受ける方法と教習所で一定期間講習を受けた後、国家試験と同等の内容の学科及び技術修了試験を受験し、合格すれば国家試験の学科と実技が免除される二つがあります。講習を受けて免許を取る場合は受験資格は16歳以上で、約二日間あれば小型船舶免許取得することができます。特別難しいものはないので、バス釣りをもっと楽しみたいという人には、待っていても損はしない免許です。

小型船舶免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です