ファクタリングの種類と手数料

ファクタリングには大きく分けて2社間と3社間があります。

最先端のファクタリングってとにかくお勧めなんです。

2社間はファクタリング会社と利用者の2者で契約を結びます。


3社間は、取引先企業の同意を得て契約をするという点が大きな違いです。

3社間の場合、取引先企業からファクタリング会社へと直接売掛金が支払われるので、信頼度が増します。


2社間の場合には、一度取引先企業から利用者に売掛金が支払われた後で、ファクタリング会社に対してそのお金を振り込むという流れになります。
3社間のほうが信頼度が高い分、手数料も安い(1%〜5%程度)です。

しかし、取引先企業の同意を得るという部分でハードルがあるので、日本では主に2社間の契約が利用されているようです。手数料の相場は5%〜25%と高めになります。



手数料が相場よりもはるかに高い会社には注意したほうがいいです。


悪質業者も混じっているという噂があります。
基本的には企業向けのサービスですが、個人が利用できる場合もあります。



個人が利用できるサービスとして、給料ファクタリングがありますが、これには特に注意が必要です。

給料前払いサービスが急速に普及していますが、そのブームに便乗して闇金がこのサービスに参入してきていると言われています。
闇金は違法業者なので、絶対に利用してはいけません。

手数料は50%以上の高額である上に、個人情報の流出などの被害にあう可能性もあります。
個人情報は保護されないので、裏で情報が流されてさらなる被害にあうことも怖いです。