ファクタリング利用時の段階順会計処理

ファクタリングを利用した際には、会計処理はどうすれば良いのか、経営者や担当者ならあらかじめ知っておくことが大切です。財務諸表に正しく記すためにも、段階順に仕訳をして会計処理を進めると良いでしょう。

ファクタリングは、企業などが保有している売掛債権を譲渡するものです。

ファクタリングってとにかくお勧めなんです。

売掛債権は売上によって生じたものですので、まずは、借方が「売掛金」・貸方は「売上」とします。

そして売掛債権を仲介会社に譲渡した段階では、借方が「未収金」・貸方は「売掛金」となります。
ただし、譲渡した際には仲介会社に手数料を支払っていますので、正しくは借方を「未収金」「売掛債権売却損」とせねばなりません。

例えば、200万円の売掛金を譲渡した際の手数料が20万円であれば、借方に「未収金180万円・売掛債権売却損20万円」・貸方は「売掛金200万円」と入力します。



そして、ファクタリングの最終段階、仲介会社からお金を受け取りますが、先の例をとれば手数料20万円を引いた180万円を未収金としていますので、入金された際の仕分けは借方「現金180万円」・貸方が「未収金180万円」です。



このように譲渡から入金までのタイムラグがある際は、「未収金」の計上が必要になりますが、もしも譲渡と入金が同時におこなわれた場合は、この過程は必要ありません。

譲渡した段階で借方を「現金」「売掛債権売却損」・貸方を「売掛金」と処理すれば良いだけということになります。