ファクタリングは審査基準が柔軟

銀行の融資は会社の財務状況、事業の見通しなど色々な書類を利用して審査が行われるのが特徴です。

審査は厳格に行われると同時に、融資を希望する時には金融機関から色々な書類提出を求められます。


仮に、赤字決済・債務超過・税金の滞納などがある場合、融資審査に通過できなくなり、断れることも少なくありません。

ファクタリングの有益な情報をお届けします。

金融機関側は信頼できる会社であるのか否かを調査しますので、赤字決済などの財務状況になっている場合、審査に通過し難くなるのが一般的です。

それに、金融機関側はお金を貸して利息を含めきちんと返済ができる能力を持つのかを重視しますので、審査自体のハードルは高くなる、審査が終わるまでの時間も若干長くなるなどの特徴を持ちます。



一方、ファクタリングは会社の財務状況や会社の業績などに関係なく、売掛先の信用度合いで審査を行うため、売掛債権がきちんと回収できるのか否かをチェックします。



そのため、赤字決済になっていたとしても、売掛先の信用力が高ければ資金調達が容易にできるメリットがあるわけです。
ここでのポイントは、ファクタリングは会社の状況、利用者自身の信用力はさほど加味されるものではないこと、ファクタリングでは売掛債権が持っている信用力で審査が行われるなど、金融機関と着目すべきポイントが違うことが分かるのではないでしょうか。
なお、売掛先が上場企業、業界の中でも知名度を持つ大手の会社などの場合、売掛債権の信用力は必然的にアップします。