ダーツ用品を選ぶ際のポイントとは

  • 初心者が揃えておきたいダーツ用品と予算

    • ダーツを始めるには、先ずそのためのダーツ用品をそろえる必要がありますが、初めからプロが持っているような道具をそろえると大変なお金が必要になりますし、初心者ではその性能を使いこなすことができない場合もあります。

      そこで、初心者が揃えておきたい用品とその予算をご紹介しましょう。まず第一に知っておきたいのは、ダーツで使用する短い矢のようなものは、おもちゃのようなものは別として、1本の製品として売っているわけではないということです。
      先端の的に刺さる部分であるティップ、矢の軸に相当し、手で握る部分であり、重さやバランスをコントロールするために重要なバレルがその後ろに付きます。その後ろにはシャフトと呼ばれる軽い材料で作られた軸の延長部分がついて、一番後端にフライトと呼ばれる翅の部分が付きます。

      様々な分野のダーツ用品の情報が欲しい方必見です。

      それぞれに材質や形状等の異なる様々な製品が売られているので、最初は専門店で相談しながら自分なりに投げやすい組み合わせを選ぶ必要があります。
      また、特にティップやフライトは壊れやすいので、予備も含めて購入するとよいでしょう。


      予算としては、バレルのみが6000円程度見ておく必要がありますが、そのほかの用品は500円から600円程度です。

      予備も含めて1万円程度を考えておくとよいでしょう。

      T-SITEを理解するには正しい知識が必要です。

      また、壊れやすいダーツやその予備品を持ち運ぶために、ダーツケースも最初に用意しておきましょう。このケースがないと、毎回分解して持ち運んだり、或いは持ち運ぶ際に破損する恐れがあります。



      そのようなことが毎回続くと、やる気も失せてきますから、本気で始めたい場合にはぜひ揃えておきましょう。
      予算は5千円程度です。