数日の教習で取得可能な小型船舶免許

by:

小型船舶免許費用資格/習い事

釣りやマリンスポーツをする際、船を運転する免許があればその幅は大きく広がります。ここでは、小型船舶免許の取得に関することを紹介していこうと思います。まず、小型船舶免許は全部で3種類あります。総トン数20トン未満の船舶(水上オートバイを除く)ですべての海域を航行できる『一級小型船舶操縦士』、総トン数20トン未満の船舶(水上オートバイを除く)で海岸から5海里(9.26km)以内の水域及び水平区域を航行できる『二級小型船舶操縦士』、水上オートバイ専用の『特殊小型船舶操縦士』の3種類あり、二級と特殊は満16歳以上、一級は満18歳以上で取得可能です。

釣りやマリンスポーツで利用したい方は、二級や特殊を取得すると良いでしょう。小型船舶免許も車などの免許と同じく身体検査基準があります。視力、色覚、聴力などの基準の他、疾病・身体機能の障害に関する基準をクリアする必要があります。ただ、これらの基準はハードルの高いものではなく、車の免許を取得できる方であれば問題なくクリアできる内容でしょう。

また、取得には学科教習に加え実技教習があります。必要な時間数は6~24時間の学科教習と1.5~4時間の実技教習なので2~3日程度の教習で取得が可能です。受講料は約15万円程度が一般的で、教習を行う施設によって変わってきます。ネットで検索するといろんな教習所が出てきますので、お住いの地域から近い教習所を検索して調べてみると良いでしょう。

以外にも短い期間で取得できる小型船舶免許ですが、広大な海上を走行できる反面、車のようにみんなが乗り慣れているものではないため想像していない事故も起きかねないものです。取得後も安全には十分考慮し、教習内容をしっかりと頭に入れて安全に楽しむことを忘れないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です