小型船舶免許を取得する場合の注意

by:

小型船舶免許費用資格/習い事

小型船舶免許はモーターボート等の小型船舶を操縦することができる免許であり、小型艇であればどれでも扱うことができると言うイメージを持つ人が少なくありません。また認可されたスクールなどに通うことで手軽に取得することができるため、これを取得してジェットスキーなどのマリンスポーツを楽しみたいと考える人も多いものです。しかし船舶免許制度は自動車の運転免許とは異なり、その種類によって操縦できる船舶の種類が限られていることに注意が必要です。ちなみにジェットスキーは特殊小型船舶に分類され、通常の小型船舶免許では掃除をすることができません。

この点は初心者の場合には誤りやすいポイントでもあるため、注意が必要です。自動車の運転免許の場合には、いわゆる小型特殊車両は普通自動車免許を取得すると運転することができる仕組みとなっています。小型と言う名称がつくことから、運転免許と同じように感じてしまうことが多いのですが、船舶免許の場合の特殊小型は一般の小型とは異なるため、この点に充分注意をしなければなりません。小型船舶免許は小型の船舶で一定の沖合を航行するものとなっており、これに対して特殊小型船舶の場合には海岸など比較的人の多い危険なところを航行すると言う違いがあります。

そのため異なる技術や注意が必要と考えられており、これは勉強制度が分かれる要因となっているのがポイントです。そのため船舶免許を取得する場合には、十分に意識をすることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です